坂口健太郎、西島秀俊と共演で「僕も西島さんに懐いてました」 映画「人魚の眠る家」ワールドプレミア5

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 坂口健太郎さんが10月29日、東京・六本木で開催中の「第31回東京国際映画祭」(TIFF)内で行われた映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)のレッドカーペットイベントと舞台あいさつに登場。坂口さんは、撮影の合間に夫婦役の篠原涼子さんと西島秀俊さんが子役とはしゃいでいるのを見るのが楽しかったと振り返り、司会に「子役が西島さんに懐いているのにジェラシーを感じることはなかった?」と聞かれると、「僕も西島さんに懐いてました」と笑顔で答えていた。

 イベントには、篠原さん、西島さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、田中泯さん、堤監督も登場。坂口さんは恋人役を演じた川栄さんに、2人でもんじゃ焼きを食べるシーンで「坂口さんがガチでもんじゃを食べてました」と明かされると、「おいしくて!」と話して、会場の笑いを誘っていた。

 映画は、東野圭吾さんのベストセラー小説が原作。2人の子を持つ薫子(篠原さん)と会社を経営する夫・和昌(西島さん)は別居状態で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。ある日、娘がプールで溺れて意識不明になり、回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる……という展開。坂口さんは和昌の会社の研究員・星野祐也を演じている。同作は、TIFFの新設部門「GALAスクリーニング」として上映された。